シークレットシューズではダサくてバレバレ?

シークレットシューズではダサくてバレバレ?

1、なぜダサくてバレバレになってしまうのか?

シークレットシューズとは、身長を高く見せるために作られた靴のことです。

靴底に厚みを持たせることで、身長をプラスすることができます。

しかし、シークレットシューズを履くと、バレバレでダサく見えることがあります。

シークレットシューズがバレバレに見えてしまう原因はいくつかあります。

まず、シークレットシューズは、通常の靴よりもかかとが厚くなっています。

そのため、歩くときにかかとの部分が異常に高く見えてバレバレになることがあります。

また、シークレットシューズは、通常の靴よりもソールが硬くなっています。

そのため、歩くときに足が沈み込みにくく、ガタガタとした歩き方になってダサく見えてしまうことがあります。

↑このページのはじめに戻る

2、バレないようにするために

シークレットシューズを履くときは、歩き方に注意しましょう。

かかとを高く上げて歩いたり、足を大きく動かしたりしないようにしましょう。

また、服装にも工夫をしましょう。

シークレットシューズが目立たないように、長めのパンツやスカートを履きましょう。

↑このページのはじめに戻る

3、ダサくならないようにするために

シークレットシューズは、通常の靴よりもサイズが大きいことがあります。

そのため、足が大きく見えてしまうことがあります。

また、シークレットシューズは、通常の靴よりもデザインが派手なことがあります。

そのため、目立ってしまい、ダサく見えてしまうことがあります。

ですから、シークレットシューズは、通常の靴よりもサイズが小さいものを選びましょう。

また、通常の靴よりもデザインがシンプルなものを選びましょう。

↑このページのはじめに戻る

4、まとめ

シークレットシューズを履くときには、バレバレでダサく見えないように注意することが大切です。

しかし、それ以上に大切なことは、自信を持って歩くことです。

自信を持って歩くことで、シークレットシューズを履いていることがバレにくくなり、ダサく見えなくなります。

↑↑↑↑↑メンズ6cmヒールアップシューズ「ADELO」